公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会
Nippon Ginkenshibu Foundation
News
English Menu


多くの人が世界を駆け巡り、膨大な情報が溢れかえる「令和」の時代。
こうした複雑化した社会においても大切なものは、人の心です。
古来より、詠み人の心を詩に込め、詠う吟詠は、今の時代こそ必要なものです。
いま改めて、名吟詠家といわれた笹川鎮江二代会長の映像が、令和の時代に蘇ります。
皆さま、どうぞご鑑賞ください。


笹川鎮江
大正12年(1923)東京生まれ。
幼少より筑前琵琶を習い、昭和6年(1931)、当時の筑前琵琶の女王豊田旭穣に師事し、雅号「旭凰」を授与される。




~「筑前琵琶の天才といわれた幼少期」~



 昭和11年吟詠の木村岳風に入門、翌年NHKオーディションを1回で通り、NHK文芸部長小野賢一郎の勧めによって吟詠主体に精進し、吟詠界のスターとなる。



 戦後も笹川良一夫人として多忙な身でありながら、レコード、公演と幅広く活動し、吟詠静凰流を創始、昭和43年(1968)日本吟剣詩舞振興会の創立メンバーの一人となる。


 和歌と近代詩を吟詠の素材として発掘、琵琶の節調を生かした独特の詩吟の節付けをし、主な作曲に「千曲川旅情の曲」「潮の音」(島崎藤村作詞)、「わが家の富」(徳富蘆花作詞「自然と人生」より)、「兜」(大野恵三作詞)などがある。
海外への吟詠の普及活動にも努め、欧米・東南アジア各地で公演する。
筑前琵琶の名手としても名高く、「ひめゆりの塔」「千姫の嘆き」などを作曲。
昭和56年、吟詠と琵琶の芸術的活動に対し、中華民国より文化奨章を受章。
昭和60年、財団法人日本吟剣詩舞振興会「吟剣詩舞芸術大賞」を受賞。また吟剣詩舞の振興功労により「文部大臣特別表彰状」を受賞。
平成元年、吟詠の精進並びに発展に寄与した功績により「紫綬褒章」を授与される。



平成7年、財団法人日本吟剣詩舞振興会第2代会長に就任。
平成14年3月16日逝去。


伝説の名吟詠家
笹川鎮江二代会長の映像

Sasagawa Shizue
「九月十五夜」
「高き屋に」
「和歌 さえのぼる」
「諸生と月を見る」
「子に寄す」
「桂林荘雑詠諸生に示す」
「百忍の詩」
「山中の月」
「藤樹書院に過る」
「信長出陣」
「述懐」
「阿嵎嶺」
「早に深川を発す」
「春日山懐古」
「山行」
「桶狭間を過ぐ」
「春夜洛城に笛を聞く」
「金剛山」
「晁卿衡を哭す」
「芳野」
「長歌」
「海を望む」
「和歌 大神の・天さかる」
「和歌 君がため」
「和歌 かくすれば」
「瓜はめば」
「不尽を詠める歌」
「国望の歌」
「能煩野にて国を思ひて詠いし歌」
「女院落飾」
「亡友月照 十七回忌辰の作」
笹川鎮江「春望」
「和歌 世の中に」
「俳句 吉野山」
「小楠公を詠ず~和歌・かへらじと入り~」
「鸛鵲楼に登る」
「和歌 靖国の」
「色は匂へど」
「易水送別~風蕭蕭入り~」
「和歌 遠つおやの」
「燕の詩、劉叟に示す」
「児島高徳 桜樹に書するの図に題す~天勾践入り~」
「戦犯巣鴨獄中の作」

吟剣詩舞を題材にした動画をご紹介