剣詩舞スーパーチーム
吟詠スーパーチーム
 吟詠・剣詩舞スーパーチームは、吟剣詩舞の振興のため、若い人たちを中心として、武道館大会や名流大会、少壮吟士吟詠チャリティーリサイタルをはじめとする公益財団主催のイベント出演を通じ、広く社会に吟剣詩舞を紹介し、その魅力をアピールし広報するために結成されました。
 あわせて、全国コンクール決勝大会において優秀な成績を収めた若い人たちに、活躍する場を提供するための取り組みでもあります。
スーパーチームの活躍は、この数年で武道館大会や名流大会の出演、またNHK Eテレへの出演などと愛好者の目標になり、またスーパーチームが、若い世代の吟剣詩舞家の実力の底上げに寄与する面も大きいかと思います。
 今回、日本吟剣詩舞振興会では第2期吟詠・剣詩舞スーパーチームの募集を致します。募集要項については以下をご確認ください。
 熱意ある若い人たちの参加をお待ちしております。

[募集人数]

■20名以内

[参加条件]

■高校生以上~30歳未満の方。(平成28年4月1日現在)
■過去に「全国吟詠コンクール決勝大会」「全国剣詩舞コンクール決勝大会」で、優勝又はそれに準ずる成績を収めた方。
■流派の代表者(宗家・家元等)の了承・推薦があること。(申込書への押印)
■都道府県総連からの推薦があること。(申込書への押印)
■(吟詠スーパーチーム希望者)「平成29年度全国吟詠コンクール指定吟題(青年・一般の部)」から得意の吟をCD、テープ、MP3形式によるデータにて提出いただきます。(指定吟題は月刊誌「吟と舞」9月号に掲載)

[活動内容]

■研修会の受講(年間2~3回)
■名流大会をはじめ武道館大会、少壮吟士吟詠チャリティーリサイタル、日本レジャーチャンネルの企画番組などへの出演※これらへの参加では、財団が交通費・宿泊費を負担いたします。

[今後の予定]

■申込書の締切:平成28年12月15日(木) ※公益財団本部必着(郵送)
■常任理事会にて決定:平成29年2月10日(金)(予定)
■研修(年2~3回)を実施予定

[申込み方法]

■申込書にご記入し、都道府県総連を経由し、地区連絡協議会からお申込みください。
■吟詠スーパーチーム希望者は録音データも同時にご提出ください。MP3データの場合は、インターネットを利用しても構いません。なお、録音にあたっては、伴奏を同時に録音しない無伴奏の素録音でお願いします。
(連絡先アドレス:info@ginken.or.jp